特長1:金型不要・簡素化 3次元パイプレーザーだからできる金型不要、後工程簡素化の一連加工。

3次元パイプレーザーで製作した金型不要、後工程簡素化の加工例

"長尺パイプを加工する"・・・・例えば、丸い穴や四角い穴を1つあける、連続してあける、サイズを変えて連続してあける、端部を切り欠く、曲げる、など多くの加工が想定されます。

今まで量産であれば金型を作製し、小ロットであれば切削加工(フライス・旋盤)で作り上げてまいりましたが、3次元パイプレーザーの導入により、金型不要、加工簡素化を実現し、様々な加工へトライ・チャレンジをいたします。

加工例

パイプの片面を長く切欠加工。
金型での加工なら切欠型が必要です。
余肉(パイプの側面から切欠穴までの幅)が近くなるとプレスでは出来ない場合もありますが、3次元パイプレーザーなら対応出来ます。

加工例

位置決め。
パイプに位置を決める為の切欠き加工をすることで
溶接時の位置決めが正確に出来ます。
冶具は簡単な構造で対応が可能で、
寸法精度も向上します。

加工例

パイプで四角の枠を作る際、従来なら縦横2本のパイプを45°にカットして溶接していましたが、3次元パイプレーザーを使用すると、1本のパイプに写真のような切欠き加工をすれば済みます。
寸法精度が高いため、溶接治具も簡易化されます。人の手で曲げれるため、組立・加工直前まで1本モノのパイプとして保管でき、省スペース、配送コストが抑えられます。

加工例

角パイプに丸パイプの斜めの接合。
通常、丸パイプを斜めに切断して溶接しますがレーザー加工なら、角パイプに楕円形の穴加工することで丸パイプは差し込むだけ。

関連動画

パイプ造管・穴あけ・加工・溶接・塗装のことなら何でもご相談下さい。